スポンサードリンク

2007年09月30日

高齢者〜アクティブシニアへの準備

お久しぶりですexclamation
高齢者さん、高齢者予備軍の方、運動、トレーニングしてますかexclamation&question
さて、いよいよ10月へ突入ですねゴルフバスケットボールテニス
スポーツの秋を大いに楽しみましょうるんるん

世間では「65歳以上の方を高齢者」と称します。
「75歳以上の方を超高齢者」なんて称しています。
まあ、それは一種のカテゴリーの分類だと私は思っています。
年齢別カテゴリーの分類ですね。
例えば大ざっぱに乳児、幼児、未成年、成人・・・高齢者・・・みたいな。

要は年齢がこれだけ(65以上)いった人は高齢者ってことですね。
ただそれだけです。
よって「高齢者=弱い、運動も弱く」ってことではないと思います。

もちろん、高齢がゆえの身体的特徴があることは十分配慮しなければ
なりません。
でも、本当に個人差があるんです。

単に年齢で分けてしまうとたとえ20歳でも、65歳の人より体力がないということもありえます。
ただし、運動不足の状態でいると年齢とともに体力が低下してくるのは事実です。
いかに、放っておくと衰えていく体力を衰えないように維持するかということです。

それにはなるべく早い段階から準備することです。
70歳になってからトレーニングを始めるより、50歳からはじめた方が
いいってことです。
65歳よりは60歳から・・・

そうすれば体力維持どころか体力は向上しますグッド(上向き矢印)

例えば、60歳から65歳までの間に運動らしいことを何もしなければ
やはり自然に体力は低下するでしょう。
ところが、週2回程度の頻度でちょっとした有酸素運動や筋力トレーニングを実施していれば相当体力の具合は違うでしょう。

維持するか、向上するかは個人差がありますが、少なくとも体力低下の割合は相当低いと思います。
これは私がパーソナルトレーニングをしていて現実に起こっていることです。

50歳後半〜60歳代で運動、トレーニングを始められる方は何人もいらっしゃいます。
みなさん、3年後、5年後と体力が向上されてます。

「60歳過ぎたから無理なんじゃないか?」
そんなことはありませんパンチ

もちろん最初はゆっくりゆっくりとても軽い運動からですよるんるん
医師のメディカルチェックもしっかり受けてください。

超高齢者と呼ばれる年齢を超アクティブに過ごそうじゃありませんかぴかぴか(新しい)
そのためにはなるべく早くからの準備です。
現在何歳かは関係ありません。

年齢ではなく現状の自分に適した運動から始めるのですひらめき

スポーツの秋を一つのきっかけにしてみてはいかがでしょう

憧れのアクティブシニアは超アクティブな超高齢者わーい(嬉しい顔)



posted by サミー at 18:28| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。