スポンサードリンク

2007年02月23日

脳→神経→筋肉

脳→神経→筋肉exclamation
簡単に言うとこれが動きを作るためのプロセス(過程)です。
加齢と共にこのプロセスが鈍くなり、動きが遅くなったり力が発揮しにくくなったりするのです。

それに対抗するには
「脳→神経→筋肉」に刺激を与えるのですパンチ
どれか一つでもいいのです。
いや、一つだと思っていても何かしら全てに影響しています。
中でも運動は全てを刺激します。
アクティブシニアさんはどんどん運動して全てに刺激を注入できますね。
しかし、残念ながらご病気や体力不足で「筋肉」に刺激を与えるのが困難な方もいらっしゃいます。

でも諦めないで下さいひらめき
脳で動きの命令を出すだけでもいいんです。
それが神経を介して筋肉に伝わります。
少しでもいいんです。
徐々に命令の伝達が多く伝わるようになって効果が出てくる場合もあります。

筋力は筋肉の太さだけではなく、脳からの命令を伝える神経の働きも大きく関わっています。
特に高齢者の筋力向上は「神経」の働きがよくなることが大きな要因なのです。
高齢者だから、筋肉が太くないから力が出ない・・・なんてことはありません。

脳からの命令で神経を鍛えましょうぴかぴか(新しい)
身体を動かす命令をたくさん出し続けましょうグッド(上向き矢印)

脳→神経→筋肉をたくさん刺激してアクティブシニアわーい(嬉しい顔)


posted by サミー at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。