スポンサードリンク

2007年02月27日

可逆性の原理

「可逆性の原理」とはexclamation
昨日からトレーニングの3つの原理について解説しております。

今回は
2.可逆性の原理
トレーニングで得られた効果はトレーニング継続中は維持される
が、止めてしまうと徐々に失われていくという原理。

トレーニング期間が長ければ失われていく速度は遅く、短ければ早い。
長く継続していれば何かの事情でトレーニングを中断してもすぐには失われないが、
短期間で得た効果は直ぐに失われるという事。

早稲田大学の福永教授が「貯筋理論」を提唱されていますひらめき
「動ける時にしっかり筋肉を貯めておこう!」という考え方です。
貯筋活動期間が長いほどその効用も大きいということです。
「使うと減るのがお金の貯金、使って増やそう筋肉の貯筋グッド(上向き矢印)」なんてこともおっしゃってます。
うまいるんるん

トレーニングの継続はアクティブシニア必須ですわーい(嬉しい顔)


posted by サミー at 21:36| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。